令和2年度文化功労者顕彰

令和2年度文化功労者顕彰

堀田凱樹 名誉教授、伊東俊太郎 名誉教授、原島文雄 名誉教授、十倉好紀 卓越教授が、文化功労者として顕彰されました。

堀田凱樹 大学院理学系研究科?理学部 名誉教授

堀田凱樹名誉教授

本研究科(物理学専攻)名誉教授の堀田凱樹先生が2020年度の文化功労者に選ばれました。堀田先生は1963年に本学医学部をご卒業の後,同大学院,カリフォルニア工科大学研究員,本学医学部助手を経て,1972年に本学理学部講師に就任し,1973年に同助教授に,1986年に同教授に昇任されました。1997年に本学をご退官後は,国立遺伝学研究所所長,情報?システム研究機構の初代機構長などの要職を歴任されました。

堀田先生は行動遺伝学,生物物理学,神経発生遺伝学等の分野において数多くの顕著なご業績を挙げられています。特に,モザイク解析という古典遺伝学の手法を用いて,動物行動を遺伝子と発生現象に結びつけ,さらに数理統計学的を応用して突然変異症状の診断と解析を行った一連のご研究は極めて独創的なもので,分子発生遺伝学立ち上げ時期の内外の研究者に大きな影響を与えました。一方,わが国においてショウジョウバエ,ゼブラフィッシュなどのモデル生物を用いた分子遺伝学を普及するのに大学等の組織の枠を越えてご尽力され,分野の発展に大きく貢献されました。米国の専門誌「Journal of Neurogenetics」が特集号で先生のご退職を記念するなどご功績は国際的に評価されています。ご退職後も,国際高等研究所監事などとしてご活躍され,現在は井上科学振興財団理事長として財団の運営にご尽力されています。2年前の先生の傘寿のお祝いの会では「~生命科学の来し方,行く先~」というタイトルで講演をされ,また昨年度の本学医学部鉄門倶楽部総会では「ショウジョウバエは三回も翔ぶか」という講演をされるなど,いつもの含蓄深くかつユーモアたっぷりの語り口で参加者を鼓舞してくださいました。

先生はこれまで,日本遺伝学会木原賞,井上学術賞,武田医学賞など数多くの賞を受賞され,紫綬褒章,瑞宝中綬章も受章されています。このたびさらに,文化功労者として顕彰されたことは,まことに先生のご業績にふさわしく,心からお祝い申し上げます。

(新領域創成科学研究科 兼担 大学院理学系研究科?理学部 能瀬聡直)

伊東俊太郎 大学院総合文化研究科?教養学部 名誉教授

伊東俊太郎名誉教授

このたび、伊東俊太郎名誉教授が科学史、比較文明史の多大な研究功績により、令和2年度の文化功労者に選出されました。心よりお慶び申し上げます。

伊東先生は、昭和31年に東京大学教養学部助手として着任されて以来、科学史の研究に専念されてきました。古代中世の科学史を専門とするウィスコンシン大学のマーシャル?クラーゲット教授の下で研鑽を積み、『原論』の作者として有名な古代ギリシアの数学者ユークリッドが執筆し、『原論』とは対をなす内容をもつ『Data(与件)』と題される著作のギリシア語からラテン語への翻訳の写本を校訂する業績で博士号を取得されました。その成果は、その後の他の写本の校訂作業も踏まえ、The Medieval Latin Translation of the Data of Euclidとして結実され、東京大学出版会とBirkhäuser社から出版されております。

伊東先生のご研究は、その後古代ギリシアと中世ラテンとを結ぶ中世アラビアの科学史に向かい、さらに古典語?アラビア語にとどまらない多くの言語を修得なさった上で、ヨーロッパ、アラビア、アジアなどの文明を比較的に考察する比較文明論の研究へと広がっていかれました。その研究成果は、アラビア科学を視野に入れた『近代科学の源流』、『12世紀ルネサンス』などの一般向けの著作を含む多くの著作にまとめられ、それらのご業績は『伊東俊太郎著作集』全12巻として刊行されました。

伊東先生はまた、東京大学在籍中に科学史の教育に尽力され、先生に学恩を抱く研究者は国内に数多くいます。それらの教え子により先生の古稀を記念して編まれた『伊東俊太郎博士古稀記念文集』も出版されています。日本科学史学会の会長を長く務め同学会から特別賞を授賞され、学士会からは多大なご業績により平成26年にアカデミア賞を授与されました。最近も同窓会に足を運ばれ、講演への批判的?建設的コメントを以前と変わらずに発言してくれています。お身体を大切になさり、これからもお元気でご活躍続けられることを、研究室一同とともに心から願っております。

(大学院総合文化研究科?教養学部 橋本毅彦)

原島文雄 生産技術研究所 名誉教授

原島文雄名誉教授

本学名誉教授の原島文雄先生が、令和2年度の文化功労者に選出されました。原島先生は本所において、人の持つ柔軟な適応能力を人工機械が獲得するための基礎理論を構築し、実際に自動機械で実証することによりロボットが社会に受容される道を拓く顕著な研究業績をあげて、メカトロニクス分野の発展に多大な貢献をされております。

我が国におけるオートメーションの導入は昭和40年代に遡りますが、当時の順序機械は硬直的で適応性を欠き、生産技術としてはまだまだ実用的ではありませんでした。そのころ原島先生は人の多様な動作を数学的に表現する手法を見出して、双対変数と呼ばれる一組の変数を制御することで、機械の柔軟な動作発現を実証しました。また、パワーエレクトロニクスと制御工学?機械工学等の学術を融合し、ノーバート?ウィーナー(Norbert Wiener)の提唱した人工頭脳学?サイバネティクスを人工機械?メカトロニクスとして具現化することで、我が国の産業の高度自動化に大きく貢献されました。

原島先生は平成4年4月から平成7年3月まで、所長として本所の発展に御尽力されております。原島先生が所長当時、生研ではマイクロメカトロニクス分野における日仏国際共同研究組織LIMMS(Laboratory for Integrated Micro Mechatronic Systems)の立ち上げ時期にありました。原島先生からはLIMMSの基盤固めと方向付けに関して大きくご支援を頂いており、我々LIMMSメンバーにとってはフランス国立科学研究センターのカウンターパートである部門長ジャン-ジャック?ガニュパン(Jean-Jacques Gagnepain)氏とともに創設の父とも言うべき存在です。

東京大学を退官後には、原島先生は平成10年4月から平成14年3月まで東京都立科学技術大学学長、平成16年4月から平成20年3月まで東京電機大学学長、平成21年4月から平成27年3月まで首都大学東京学長などの数々の要職を歴任されております。またこの間に、フランス共和国教育功労章オフィシエ(平成16年)、日本ロボット学会功労賞(平成21年)、瑞宝重光章(平成27年)などの多くの賞を受賞されております。

このたびの原島先生のご顕彰を心よりお慶び申し上げるとともに、先生のご健康とますますのご活躍を祈念いたします。

(生産技術研究所 年吉 洋)

十倉好紀 東京カレッジ 卓越教授

十倉好紀卓越教授

十倉好紀卓越教授が、物性物理学の分野における長年にわたる顕著な業績によって、令和2年度の文化功労者として顕彰されました。

十倉教授は、固体中のひしめき合う多数の電子の振舞い、すなわち多電子系の巨大な電磁応答物性の開拓とその物理機構の解明において多岐にわたる業績を挙げられ、量子物性科学分野を牽引されてきました。高温超伝導体の一般的な物質則(いわゆる十倉ルール)の提唱、そしてその指針に基づいた電子ドープ型高温超伝導体の発見を契機に、多数の電子が互いに反発しあう「強相関電子」の概念を発展させ、超巨大磁気抵抗体やマルチフェロイックス、磁気スキルミオンなど革新的な電子機能材料を開拓されてきました。これらの先駆的な業績に対して、仁科記念賞、日本IBM科学賞、Bernd Matthias Prize、日産科学賞、朝日賞、紫綬褒章、James C. McGroddy Prize、藤原賞、IUPAP Magnetism Award and Néel Medal、恩賜賞?日本学士院賞、本多記念賞、Humboldt Research Awardなど多くの賞の受賞に輝いています。

十倉教授はこれまで本学助手?講師?助教授?教授を歴任されると共に、アトムテクノロジー研究体 (JRCAT) グループリーダー、産業技術総合研究所強相関電子技術研究センター長、科学技術振興機構創造科学技術推進事業(ERATO)プロジェクト総括責任者、産業技術総合研究所フェロー、最先端研究開発支援プログラム(FIRST)「強相関量子科学」中心研究者も併任され、日本の物質科学研究の発展に多大な貢献を果たされてきました。また先生の物性物理学への情熱や広範で深遠な見識は学生や若手研究者を惹きつけ、これまで多数の研究者を輩出されてきました。現在も本学の卓越教授ならびに理化学研究所創発物性科学研究センター長として研究?教育に尽力され、磁性?超伝導?誘電性?トポロジーの複雑な絡み合いが引き起こす物性科学やエネルギー消費を大幅に抑えたエレクトロニクスの材料開発において世界をリードする独創的な研究をされております。

心からの尊敬の念を込めて、十倉先生のご顕彰をお慶び申し上げるとともに、今後も益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

(大学院工学系研究科?工学部 金澤直也)

関連リンク

  • 令和2年度 文化功労者(内閣府ホームページ)
カテゴリナビ
アクセス?キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる